プチプラ美白パックがおすすめです!

私は肌の悩みとして「冬場の乾燥」と「学生時代部活でできたシミ」の二つがありました。結婚式を間近に控えた頃、挙式が2月の真冬ということもあり、どうにか保湿しながら美白も行えないか思案していました。すでにブライダルエステなどで予算を割いてしまっていたので、安価に自宅で確実に行いたい。
そんなとき試したのが「プチプラ美白パックを毎日やる」ということでした。
私が知っている中で一番美肌な友人に秘訣を聞いたところ、安くてもいいから毎日パックすることと言っていたのを思い出したからです。
従来、パックは一枚あたりが高価で個包装のものが一般的ですが、今は大きな密閉式の袋に大容量のパックが入っているものもかなり種類が増えてきています。
プチプラ品になるので、肌に合うかどうかはしっかりとチェックした方がいいと思います。私の場合は気になった大容量パックブランドのお試し品(6枚で1袋入り)が売られていたので、まずそちらで何種類か試してみて、一番合いそうなものを大容量で買うことにしました。ちなみにこちらは美肌の友人が使っているブランドでしたが、同じ種類だと私の肌には合わずにヒリつく感じがしたので、同ブランドの別種類に決めました。

毎日やるのは大変でしたが、やはり2~3カ月毎日パックすると肌質が全然変わってくるのがわかりました。毎年冬は乾燥(とくに口周りの粉吹き)がひどかったのですが、この冬は午後になっても肌が乾いてくることなく、夜までしっとりになったのが驚きでした。朝の化粧乗りもやる前とでは全く違います。

日焼け止めの選び方

紫外線は肌老化を進行させる原因です。紫外線を浴びると活性酸素が発生し、それによって細胞が傷ついてしまいます。コラーゲンやエラスチンが変性して、肌の弾力が落ちてたるみやシワにつながります。細胞のダメージを防ぐために皮膚ではメラニン色素が作られて、メラニン色素が過剰に作られてしまったり、排泄されずに残ってしまうとシミになります。
このように、紫外線はたるみ、シワ、シミなどさまざまな肌老化の原因になるのです。
肌老化を防ぐためには、1年中紫外線対策をしっかりすることが大切です。紫外線から肌を守るために使いたいものが日焼け止めですが、どのように日焼け止めを選べばよいのでしょうか。
日焼け止めには、SPFとPAが記載されています。SPFは何も塗らなかったときと比べて紫外線B波の影響をどれくらい防げるか示したもの、PAは紫外線A波を防ぐ値を示したものです。数値が高いほど紫外線を防ぐ力が強いことを表しています。
紫外線を防ぐ力が強いほどよさそうな気がしますが、SPFやPAの数値が高いほど肌への負担が大きくなるので、シーンにあわせて選び分けましょう。日常的な紫外線を防ぐならSPF20・PA+++程度、レジャーならSPF50・PA++++程度のものを使うとよいでしょう。
紫外線を防ぐ成分には、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤があります。紫外線吸収剤は紫外線を吸収すると化学変化を起こし、肌に刺激を与えます。そのため、紫外線吸収剤は使っていないものか、コーティングされているものを選びましょう。

ビークレンズの口コミ